BRAUN Paxette ⅡM2015-10-03(Sat)

BRAUN Paxette ⅡM
旧西ドイツにブラウン社というカメラメーカーがありました。1950年代にはパグセッテというモデルを販売していましたが、このカメラのことを通称プアマンズカメラと呼びました。プアマンズカメラと呼ばれていたカメラは、まだまだいろんなカメラメーカーの物がありました。つまりは、ライカが高くて買えない人たちが使うカメラということです。僕はカメラに興味を持ち始めた頃はライカには興味がなかった反面、このカメラのように別の路線を進んでいた物に興味を持ちました。決して、ライカコピーと言う物ではなく、そのメーカーの心意気が好きなのです。このカメラにはいろんなモデルが存在しておりいまだ全容は把握しておらず、解明すら出来ておりません。でも、興味を持つとのめり込む性格なので、いくつか購入しています。カメラの仕組みの違いやレンズの組み合わせの違いなど、探せば探すほど奥が深く抜け出せなくなってしまいます。写真を撮るまでにはいろいろと操作すとことが多くあり時間はかかりますが、底が楽しめるところなのです。このカメラについているレンズは今となっては分かりませんが(カメラ本体とレンズがいくつかあるので、購入した後いろいろ組み合わせを変えているので)、Staeble社のcolor-Ultralitが付いています。このレンズを使いたくて購入していると記憶しています。それは、フォクトレンダーのプロミネントを使っていたので、ウルトロンと言うレンズが好きでそのレンズとの響きが似ているので興味を持ちました。カメラはとても小さくてバルナックライカぐらいですが、ずっしりと重いです。


BRAUN Paxette ⅡM:1956(だいたい)
Lenz:color-Ultralit f/2.8 50mm.
スポンサーサイト

Comments(0) | Trackback(0) | カメラとレンズ

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://emades.blog99.fc2.com/tb.php/1137-e130e967

プロフィール

emades

Author:emades
From Shizuoka

*写真と文章とは噛み合わないことが多々あります。
*当初はCanoScan FS-4000USを使っていました。(2011/07に故障してからはCDに焼いています)
*2013年9月に新しいスキャナーを購入しCDに焼くのは止めました。(Memor-ease ST film and slide scanner)

~愛用のカメラ紹介~

MAMIYA ZE
(はじめて買った中古フィルムカメラ)
NIKON F3
(ズーム付で買った)
NIKON FM2
(友達からもらった機械式)
PENTAX Z-1P
(友達からもらったが使い方難しい)
CANON A-1
(兄が使っていたカメラ)
ICAREX35S
(フォクトレンダー、ツアイスに憧れて)
ZEISS IKON SL706
(M42を手にしてしまった・・・・)
ROLLEIFLEX SL35 & M & E
(フォクトレンダーの姉妹機だから、Eは調子悪い)
ROLLEIFLEX SL350
(SL35とはやはり質感が違う)
VOIGTLANDER VSL1
(遠回りをしたが制覇する、ガイドローラー修理)
YASHICA FX-3super
(手が出ないコンタックスの代わりのつもり、ミラーを修理した)
VITOMATIC Ⅰ
(ずんぐりしていて良い)
CONTAX TVS
(フリーマーケットで見つける・・・無事使える!)
TAXONA
(巻取り調子悪いがスタイル良し)
RETINA
(紳士的で好き)
PAXETTE
(楽しいカメラ)
PROMINENT
(ウルトロンが好きで、ここまで着ました)
LORDOMAT
(ライカの本社工場があった町’ウエッツラー’にあったカメラメーカー)
LEICA IIIf
(作りの良さに惚れ惚れ)
LEICA M3
(良い物は手にするとわかる、使いやすい)
LEICAFLEX markⅡ,SL
(カメラは触る機械物とすれば納得の作りでもあるがRレンズの魅力が大きい)
LEICA R7
(手になじむ大きさ、いまだ余韻は気になる)
NICCA 3-S
(良くできているライカコピーの日本製)
LEITZ minolta CL
(手に触れてみて程よい大きさ)
CONTAFLEX super
(やはり電池を使わないカメラが好き)

NIKON COOLPIX 3200
NIKON D40
PANASONIC M4/3 G1

写真に対するコメント頂けるとうれしいです。

カテゴリ